東京の探偵事務所

結婚相手に対する浮気の疑念

もしも結婚相手が浮気をしているのではないか。そんな疑惑が高まってしまいどうしようもなくなってしまったなら、浮気調査を依頼するという手段も選択肢のひとつです。調査は依頼していきなり行われるのではなく、まずは無料の電話相談からはじまります。ですから気がまえずに、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

相談したうえで調査員の方が調査が必要なのではないかと判断、もしくは依頼者がどうしても調べてほしいとなった場合に浮気調査が始まります。調査をする流れですが、まずは直接調査員の方と問題についてお話をします。事務所まで行き辛い場合は、相談者の都合がよい場所まで来てくださる会社もありますので不安に思わすにいてくださいね。

調査の依頼と契約について

この話ののち、調査を依頼したいとなった時初めて契約が成立します。契約書にサイン等をするのですが、サインをする前にきちんと契約書の文面を読みましょう。読んでみて疑問な点やおかしいなと思った時には、しっかりと質問をすることです。返答におかしな点がある場合は遠慮せず、調査を断りましょうね。

後々トラブルに繋がるのを回避するためです。それに、契約書にサインをしますと金銭面も関わってきますので重々注意してください。なにも疑問点がなく信用がおけそうな会社さんであれば、契約書にサインをし契約成立となります。契約が成立したならば、今度は本格的な打ち合わせに入ります。

調査報告書はどんなもの?

どのような方法で調査を進行するのかを調査したい人物(結婚相手)の行動を知る限りお話して決めていきます。こうして調査開始となるのですが、この間調査員と連絡を密にとれる環境にいましょう。調査が終了すると調査員の方から結果をお話しされます。そして「調査報告書」が出来上がってくるのですが、これは裁判を考えた際重要な浮気証拠となります。

離婚を視野に入れ浮気調査を行うなら、離婚問題に特化した探偵事務所に依頼すると良いでしょう!
東京の探偵はこちら

調査が終了しても、乗り越えなければならない問題はたくさんあります。離婚調停や慰謝料請求、財産分与などとても一人では乗り切れないでしょう。そういった場合を想定してアフターフォローをしてくれるカウンセラーがいる事務所を選びましょう。法的立場からも心理的なケアもしてくれます。浮気調査はメンタル面においても、その後の生活においても不安要素は尽きないと思われます。会社選びは慎重に、話しやすさも含め選択し今後のあなたの道が開ける環境になりますように。